【NEWS】ブルガリ、フランスの首都パリのジョルジュサンク通りにホテル開業の契約合意

 

ブルガリ ジャパン株式会社

 

main

 

2018年3月9日ローマ発、ブルガリ ホテルズ & リゾーツは、2020年フランスの首都パリに新たなホテルを開業するという契約を締結しました。ホテルの新規オープンは、2017年の北京とドバイ、2018年の上海、2020年のモスクワに続くもので、ミラノ、ロンドン、バリを含め、ブルガリ ホテルズ & リゾーツコレクションの8軒目となります。

ブルガリのCEOであるジャン‐クリストフ・ババンは 「パリの新しいブルガリ ホテルの開業に、このような類まれなロケーションを確保できたことを誇りに思います。2020年のオープンによって、パリという光の都が私どものコレクションに加わることになります。この新しいホテルは、パリの高級ホテル市場で、魅力的なローマのジュエラーのホスピタリティを示すものとなるでしょう」と話ました。


ホテルは、パリ市内のジョルジュサンク通り30番にオープンします。この通りはシャンゼリゼとモンテーニュ通りを結ぶ有名な“トリアングル・ドール(ゴールデン・トライアングル/黄金の三角地帯)”で、ラグジュアリーなショッピングエリア、エンターテイメント、文化施設が数多くある、パリを代表する特別な地域です。

客室は76室あり、ゲストルームのほとんどはスイートで、その他にもスパ、25mのプール、ブルガリ レストラン、趣きのある中庭のバーなど、あらゆる施設を備えたラグジュアリーなホテルとなります。設計は、イタリアの建築事務所 アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールと、パリで名高いヴァロード&ピストル建築事務所が手がけます。

建物は、「現代への移行」に着想を得て新たに形作られます。石材としてよく使われる石灰石を使用し、“建造物の高さを揃える“という基準を満たすなど、19世紀にパリで展開された“オスマン化“と称される都市整備事業が思い出される一方で、2020年新たに誕生するこのホテルは、最もコンテンポラリーな建築デザインとされる合理主義的なスタイルを想起させるものとなるでしょう。

ブルガリ ホテルズ & リゾーツについて
周辺地域に調和するユニークなロケーション、建築設計事務所アントニオ・チッテオ・パトリシア・ヴィールが手がける、伝統的なデザインと、ドラマチックでコンテンポラリーなイタリア建築との融和。常にブルガリのクリエーションを際立たせる質へのこだわりと、極上のサービス。これが、ブルガリ ホテルズ & リゾーツを特徴付ける主な要素です。インテリアデザインはその地の伝統に深く根付いたもので、完璧なラグジュアリーへの賛辞としてあらゆるディテールに細心の注意を払うアプローチは、どのブルガリ ホテルでも変わりません。


ブルガリ ホテルズ & リゾーツのコレクションの特徴は、ブルガリらしい特色があり、且つ大胆なイタリアン・スタイルであり、独特な建築デザイン、コンテンポラリーなイタリア料理、豪華なスパに表れています。それらがブルガリブランドの持つエキサイトメント、時代を超えた魅力、そして豪奢なイタリアン・ジュエリーの伝統を伝えるのです。


ミラノ、ロンドン、バリ、北京にある4つの象徴的なホテルズ & リゾーツのコレクションから成長してきたブルガリ ホテルズ & リゾーツは、ドバイのプロパティによって更に発展します。2018年、2020年には、上海、モスクワ、そしてパリに3つのブルガリ ホテルが開業を予定しています。

ブルガリについて
ブルガリは1884年にローマに宝飾店として設立され、瞬く間にその洗練された職人の技術と豪華なジュエリーの創作によりイタリアの卓越性という評判を得ました。ブルガリの国際的な成功は世界へと展開し、多角的なブランドとして世界で比類のない店舗ネットワークを構築することにより、高級なジュエリーや時計から、アクセサリー、香水、ホテルに至るまで、高級宝飾業界の商品とサービスを多様化させました。2011年からブルガリはLVMHグループに所属しています。