【NEW OPEN】ブルガリ ホテル 北京4つ目のブルガリのラグジュアリーホスピタリティコレクションとして開業
ブルガリは、2017年9月27日、中国の首都北京にアートと自然が調和したアーバン・リゾート、ブルガリ ホテル 北京を開業することになりました。

main
2004年にオープンしたブルガリ ホテル ミラノ、2006年のブルガリ リゾート バリ、2012年のブルガリ ホテル ロンドンに続き、5年振りにブルガリ ホテルズ & リゾーツに新たに加わることになるこのホテルは、北京で大使館が集まる地区にオープンします。

 

ブルガリ ホテル 北京は究極のアーバン・リゾートから構想を得ています。新たに開発された複合施設「ジェネシス」内に位置し、亮馬河に沿って広がる庭園と安藤忠雄氏がデザインした「ジェネシス・アート・ファウンデーション」を含む一帯は、アートと自然が均衡を保つ静寂のオアシスです。

 
ブルガリ ホテル 北京は、世界各地のブルガリ ホテルズ & リゾーツ同様、名高いイタリアの建築事務所 アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールが全てのデザインを手掛けました。最高級のブルガリのジュエリーを創り出すのと同じプロセスを経て、ホテルの内観および外観の着想を得たのです。色や質感、感触に合わせて希少な素材を組み合わせ、美しいものへと形にしてきました。

 

1930年代当時の総合的設計の精神に基づき、一貫性を保ちつつ快適さ、そして完全なものを目指して、建築家達はあらゆるものを一つ一つ手で選び、また特注デザインを施すことで、徹底的にイタリアン・スタイルを追及し、そして同時に北京というデスティネーションにおいて、ユニークさを組み込むことができました。大理石の浴室からドアノブに至るまで、統一された完璧なスタイルに創りあげたのです。

 

ホテルには客室が119室あり、素晴らしいイタリアのラグジュアリーな家具ブランドMaxalto(マクザルト)や B&B Italiaが優雅に配されています。そして北京を見渡す美しい眺めが楽しめるブルガリ スイートもあります。

 

約400平方メートルもの広さがあり、最先端の技術を取り入れつつも中国の伝統を感じながらモダンなイタリアンデザインをご満喫いただけるブルガリ スイートは、北京でも最大級の広さを誇ります。

 

更にラグジュアリーな雰囲気の1,500平方メートルもあるブルガリ スパには、トリートメントルームが11室。フィットネスジムにある全長25mのプールでは、古代ローマよりインスパイアされた、カラカラ浴場の模様を想い起こさせるモザイクタイルがまばゆく輝きます。

 

そしてファインダイニングでは、ブルガリ ホテルは既にその名を知られていますが、ブルガリ ホテル 北京では、ミシュランの星を持つシェフである、二コ・ロミートとのコラボレーションをブルガリ ホテルとして初めて展開することになりました。
ロミートは、シンプルさ+異なる要素を統合=味覚の本質を追求する、という自身の料理哲学を守りつつ、ブルガリ ホテルズ & リゾーツの為にコンテンポラリーなイタリア料理の真の”基準”を作り出しました。
イタリアにあるレストラン本店をベースに、ロミート自らが指導したホテルのレジデントシェフを定期的にコンサルティングしながら、ブルガリ ホテル 北京のイル・リストランテに、“メイド・イン・イタリー”のカルチャー、エレガンス、そしてバイタリティーを最大限に表現します。

 

ロミートのコンテンポラリーなイタリア料理は、幅広いイタリアンワインや最高級のインターナショナルなワインとペアリングされ、完璧なダイニング・エクスペリエンスをお約束します。それはホテルや庭園など、敷地全体が見渡せる眺めによって完結します。

 

イル・バールではカクテル、ワイン、シャンパンをはじめ、ブルガリの名を知らしめたアペリティーボを、シグネチャーであるスチールとブロンズ製の楕円形のバーカウンターにてお楽しみいただけます。そして庭園や川岸の眺めをご満喫いただける屋外テラスにもつながっています。

 

ロビーラウンジでは、今やブルガリ ホテル & リゾーツのアイコンともいえる暖炉が配されており、イタリアをテーマにしたお茶をご用意しています。

2階の広々としたボールルームは、企業のイベントやプライベートなパーティー等、お客様のご要望にあわせてカスタマイズすることができ、最新鋭のテクノロジーを備えています。

 

ホテルを取り囲む庭園は、スイス在住のランドスケープ・アーティスト エンツォ・エレナによって緑豊かな安らぎの場になっています。イタリアと中国との伝統的な庭園様式の対話から着想を得て、ホテルの内側と外側の調和により、イタリアのインスピレーションを得た素晴らしいインテリアを引き立てました。

 

ブルガリ ホテル 北京は話題の三里屯地区に隣接しており、前衛的なアートギャラリーや美術館が多く立地するコミュニティー798芸術区(798 Art Zone)から徒歩10分に位置しています。また北京首都国際空港、平安国際金融センター(Pignan International Finance Center)、北京二環路(East 2nd Ring Road)のオフィス街から車で30分という立地です。
ホテルから少し離れると雍和宮、紫禁城といった歴史的な名所にも、ホテルが提供するマセラッティ・リムジンにて快適に訪れることができます。

 

イタリアと中国の古代文明は、マルコ・ポーロの時代に密接に関わることとなり、家族、芸術、食やデザインへの価値観を共有してきました。それはこのホテルで審美眼の境地に達するのです。

“自然の風景とアートのコンテンツを組み合わせたことで、このプロジェクトは未来のラグジュアリーな生き方を示す新たなベンチマークとなるでしょう”ブルガリ ホテルズ & リゾーツの責任者であるブルガリ・グループ ヴァイスプレジデントのシルヴィオ・ウルシーニはコメントしています。
“このプロジェクトを大変誇りに思っています。中国は重要なマーケットであり、北京に新しいホテルを展開することで、ブルガリのホテル事業におけるもう一つの成功例となることでしょう。”

 

またホテルのジェネラルマネージャー アントニオ・サポナーラは以下のように述べました。“私たちのホテルが北京で提供するプロダクトやサービスは比類なきもので、中国における新しいラグジュアリー・ホスピタリティーのクオリティーの幕開けになると確信しています。”

 

ブルガリ ホテル 北京に続き、新たにドバイ(2017年12月)、上海(2018年)、モスクワ(2019年)の3つのブルガリ ホテルのオープニングが予定されています。