【NEWS】ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパが2019年に誕生
全89室、スパ、レストランを備えた世界屈指のラグジュアリーなスパ・リゾート

 

 

 

 
2017年6月22日、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンは、本日、東京センチュリー株式会社が新たに開発し、GHS株式会社が経営する大分県別府市のスパ・リゾート開発プロジェクトに参画し、GHSとのホテルマネジメント契約のもと、IHGのラグジュアリーホテルブランドである「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」が出店することで合意に至りました。

 

 
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン(本社:英国、日本:東京都港区、CEO:ハンス・ハイリガーズ、以下、IHGANA))は、本日、東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅田 俊一、以下、東京センチュリー)が新たに開発し、GHS株式会社(本社:大阪府大阪市北区/東京都中央区、代表取締役:近藤 智、以下、GHS)が経営する大分県別府市のスパ・リゾート開発プロジェクトに参画し、GHSとのホテルマネジメント契約のもと、IHGのラグジュアリーホテルブランドである「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」(以下、インターコンチネンタル)が出店することで合意に至りました。

 

 

 
東京センチュリーが大分県および別府市のサポート体制のもと、新たに開発するこのスパ・リゾートは、別府市街と別府湾を見渡す明礬(みょうばん)地区の景勝地に立地、総敷地面積およそ82,000㎡、89の客室、レストラン、専用ラウンジなど付帯サービスつき「クラブ・インターコンチネンタル」、スパ、フィットネスルーム、プールを備えたラグジュアリーなスパ・リゾート「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」として、2019年にオープンする予定です。

 

main

 

世界有数のラグジュアリーホテルブランドであるインターコンチネンタルによる、日本ならではの温泉をモチーフとした世界初のラグジュアリーなスパ・リゾートとして、国内外の集客を図ります。

 

 

 

IHGANAのCEO、ハンス・ハイリガーズ氏は次のように話しています。

 
「インターコンチネンタルは、世界的に高い知名度を誇る、真の国際的ラグジュアリーホテルブランドで、世界の主要都市や数多くのリゾート地に展開しています。自然景勝、歴史、豊かな食、そして素晴らしい温泉に恵まれた大分・別府に誕生することをたいへん嬉しく思います。ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパは、世界的にも希なラグジュアリー・リゾートとして、弊社ならではのIHGとANAの両ブランドの強みを活かし、国内外の多くのお客様から支持されると確信しています。」

 

 

 

本リゾートのプロジェクト開発者である東京センチュリーの代表取締役社長、浅田 俊一氏は次のように話しています。

 
「当社として初めて、ラグジュアリー・リゾートの開発を手がけ、さらに世界有数のホテルブランドであるインターコンチネンタルの誘致に成功し、たいへん嬉しく思います。ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパの開発を通して大分県や別府市がさらに豊かな国際観光都市として発展することを願っています。」

 

 

さらに、IHGANAとインターコンチネンタルとしての運営委託契約を結び、本リゾートを経営するGHS株式会社の代表取締役、近藤 智氏は、

 

「大分・別府はアジアにおいても日本の代表的な温泉地として高い知名度があります。今後はさらに国際観光都市としてポテンシャルのあるデスティネーションになると注目しています。このたび、真のラグジュアリーブランドを体現するインターコンチネンタルが進出することにより、別府が世界的な観光地になると期待しています。」と話しています。

 

 

 

 

源泉数・湧出量ともに日本一を誇る別府温泉は、千数百の温泉が集まり、古代にさかのぼる歴史ある温泉地として知られています。韓国や台湾、中国、東南アジアを中心としたインバウンド旅行者のレジャー拠点として人気が高まり、さらに2019年にはラグビー・ワールド・カップの開催地の一つとなることが予定されています。

 

別府市も温泉を活かした観光開発に積極的で、世界的なラグジュアリーホテルブランドの誘致により、日本有数の温泉地でワールドクラスのラグジュアリーな体験を求める世界の旅行者の認知を高め、誘客を促進することが期待されます。

 

sub1

 

インターコンチネンタルは、ロンドン、パリ、ニューヨーク、香港などの大都市の他、バリ島やタヒチ島などのリゾート地など、世界60カ国以上で187軒、そのうちアジア・中東・アフリカ地域では約3分の1にあたる69ホテルを展開しています。グローバルでは現在、さらに27軒を開発中です。

 

日本では、ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂)やインターコンチネンタルホテル大阪(大阪府大阪市北区)など7ホテルを展開。専用ラウンジなどの付帯サービス付き客室「クラブ・インターコンチネンタル」や、経験豊富なコンシェルジュのサービス、高品質なインターコンチネンタルのグローバルスタンダード等、国内外からのお客様から高い評価をいただいているラグジュアリーホテルブランドです。